Engineer

未経験からバックエンド側のエンジニアに転職できたが、フレームワークに頼りすぎていたから苦労している話

どうも、こんこんです(#^.^#)

30代になるギリギリでWeb系エンジニアに転職できました。

その経験を踏まえて、今回はフレームワークで調べながら実装はできるんだけどフレームワークがないと実装するのに苦労している話をしていきます(;´∀`)

今回の話

  1. フレームワークを使うのに慣れるのは否定しない
  2. フレームワークなしでどこまで実装できる力があるのか
  3. 効率は悪いが検索力と実装力が上がる
  4. ストレスを抱えてもエンジニアをやる理由

フレームワークを使うのに慣れるのは否定しない

まず、はじめにフレームワーク自体を否定する内容にするつもりはないということを強調したい。

フレームワークは便利だし、なくてはならない存在です。

自分もDjangoでサイトを作成するのは好きだし楽しいのですよ。

自分の場合なんですが、今よくある流れで自分の使いたい言語の基礎(四則演算)などをある程度理解した後、わりとすぐにフレームワークを使うようになりました。

フレームワークは使い方を覚えていくと簡単な掲示板やブログなどを作れるようになり非常に面白いんですよね。

エンジニアはただフレームワークを扱えればいいというわけではない

エンジニア未経験だった自分は完全オリジナルではないにしても成果物として見本を見ながらある程度は作れるようになり、付け足したい機能を付け足すことができるようになっていました。

しかし、未経験からWeb系エンジニアになった自分は現在求められている能力はフレームワークを扱えることは大前提で、それ以外の能力が求められています。

それが今回の話の主軸ではあります。

フレームワークなしでどこまで実装できる力があるのか

 

今現在、職場から自分に求められているのはフレームワークを使わずにHTML,CSS,JS,PHPを使ったサイト製作です。

いわゆる自力の実装力?というのかな(´・ω・`)?

フレームワークなら使い方を勉強すれば割と簡単に実装できる内容もなしという流れ、これだと仕組みがわかっていないとセキュリティ的にも危ないこと満載なんですよね。

ソースコードを見られて何度も再提出の嵐です( ;∀;)

フレームワークなら使い方さえ理解できればわりと簡単に閲覧、投稿、編集、ログインなどを実装できるんですが、フレームワークなしでやるということを行っているわけです。

効率は悪いが検索力と実装力が上がる

上司、先輩からのソースコードのチェックを受け、ダメなら再提出をするという流れなのですが、たまにある再提出の嵐は凄いストレスだし、正直にいうと胃薬を割と飲んでます。

独学時代はなかった、ソースコードの否定が入りますので自信があるソースコードの否定は結構しんどいときもある(;^ω^)ネ

アドバイスというアドバイスもなく自力で検索して実装する、その後ソースコードを見られる、やり直しかそのままかを繰り返すのみなので最初の頃よりは自分で実装する力は付きつつあるのかなぁーと思ってはいます。

わからないところを聞いても本質的なことは答えてくれないので今は聞くよりも腕組みをして考えてるほうが長いかもしれないですね。

たまに提出するときに間違って解釈しているという言葉をもらいますが独学時代ではないのでありがたいです。

自信あるコードの否定はストレスが半端ないですが(笑)

自分以外の技術者との仕事は独学時代にはありえないものなので本当に勉強になります。

ストレスにもなるしイラっとも来るときはありますが、やはり年季がある技術者は凄いですね。

ソースコード見た瞬間に突っ込まれます(´・ω・`)マジ

ストレスを抱えてもエンジニアをやる理由

自分がなぜストレスを抱えていてもWeb系エンジニアをやる理由は、肉体労働よりも可能性があるからです。

今までの肉体労働と比べると将来性はあると考えていますので(;^ω^)

1日で身につくとは考えていないのでじっくりとやっていこう、いつかコイツ見返したるわと思いながら今は耐え忍ぶのみ(*_*;

未経験でエンジニア志望のあなた(´・ω・`)

一緒にがんばりましょう(´・ω・`)ネ